九州ひぜん信用金庫

  1. Home
  2. 採用情報
  3. 職員インタビュー

採用情報

職員インタビュー

中原 麻未(なかはら まみ)平成21年4月入庫(短大卒)

現在の仕事

現在は、本店営業部で融資窓口テラーを主に行っています。お客様の融資のご相談や融資の受付など融資全般の業務です。その他にも年金の相談なども受付しています。

職員インタビューを詳しく見る 

九州ひぜん信用金庫に入るきっかけは?

両親が事業をしていたこともあり、小さいころから金融機関の窓口に母と行くことが多く、そこで働かれていた窓口の行員さんが来店されるお客様にいつも笑顔で明るく接しておられたのがとても印象に残っています。そのいつも見ていた行員さんに憧れて金融機関の窓口の仕事がしたいと思い、当庫を志望しました。

この仕事で良かったと思うことは?

お客様を通じて金融のことを勉強でき、そしてその経験を活かせるところです。年金受給に該当されるお客様に請求手続きのご案内とご説明をするととても喜んでもらえ、「少しでもお客様のお役に立てたかな」と嬉しい気持ちになります。地域密着主義である当庫は、お客様の小さな喜びを私達の大きな喜びとしており、その気持ちが伝わっているのかなと感じています。

ひぜしんの魅力は?

女性は結婚、出産などでライフスタイルが変化していきますが、産休・育休・時短勤務など福利厚生がしっかりしているところが魅力です。一緒に働く職員もお互いに思いやりの気持ちを持っており、急に休みを取らないといけなくなったときでもカバーしてもらえます。希望休も取得することもでき、子供の学校行事にも参加できる職場です。

森田 廉(もりた れん)平成31年4月入庫(大卒)

現在の仕事

渉外活動です。お客様のところへ訪問し、ライフステージにあった各種商品の推進や法人様の資金相談などの業務を行っております。

職員インタビューを詳しく見る 

九州ひぜん信用金庫に入るきっかけは?

就職活動の折、金融機関のブースを探しており就職説明会にて金融関係のブースを回っていたところ当金庫のブースに出会いました。お話を伺う位置に他の金融機関にない親しみやすさと温かさを感じ入庫を希望しました。また働く地域も引っ越し等を行わないで勤務できる点も後押しとなりました。

この仕事で良かったと思うことは?

今まで知ることがなかった地元の企業様や地域での取組を知ることができます。今まで何気なく通っている道にある会社を深く知ることで地元がより好きになります。こ地域が活性化する活動に自ら参加できることが良かったと思います。

ひぜしんの魅力は?

職場の同僚上司などの距離が近く、誰とでもコミュニケーションが取れること。知人の企業ではあまり聞きませんが、役員の方とも普通に仲良く会話出来ています。自分としては時間管理も徹底されており、働きやすい職場であると思っております。

鴨打 翔太(かもうち しょうた)令和2年4月入庫(大卒)

現在の仕事

今は、本店営業部の窓口業務をやりながら、金融の基礎を勉強する毎日です。知識を得ることは苦手な分野ですが、先輩からも親身になって指導していただいております。まだまだこれからですが、外回りの渉外の仕事にもチャレンジしたいです。

職員インタビューを詳しく見る 

九州ひぜん信用金庫に入るきっかけは?

自分は、小さいころから野球をやっていて、野球をやっていた先輩が当金庫に勤められており、大学3年生の時に声をかけていただいことがきっかけで興味を持ちました。その後、説明会や当金庫野球部の練習に参加させていただき、皆さんのやさしさに触れここで働きたいと強く思い就職を希望しました。

この仕事で良かったと思うことは?

当金庫に入庫し改めて思ったのは、地域の方々と一緒に街を作っていくためのお手伝いが出来ると感じることが本当によかったと思います。具体的には先輩からただの窓口業務ではなく、入金等の処理をするだけでもお金を循環させ街づくりに貢献しているから慎重に行うようにとご指導いただき、改めて金融の重要性に触れている毎日です。

ひぜしんの魅力は?

これは就職活動をしている時から思っていたことですが、私は高校から野球で他県に行っていたこともあり、地元で働きたいと考えておりました。当金庫は本当にお客様と仲良く家族みたいに接することができる地元密着の職場であり、自分の想いと一体化して働くことが出来ていることが魅力です。